FXの魅力の一つはシステムトレードを行いやすい点

fsii システムトレードとはトレーダーの手動ではなく、プログラムが自動的に判断して売買を繰り返すシステムの事です。

例えば米ドル/円が100円になったら新規買い注文をだし、101円になったら利益確定してポジションを解消すると言った注文を自動で行うことが出来ます。逆に99円になったら損切り確定することも自動で行えます。一日に一度くらいのデイトレードでシステムトレードを導入するメリットはあまりないですが、何回も取引を繰り返す場合はシステム化していると大変便利です。トレーダーご自身でプログラミングできる知識が無いとシステムトレードを導入することが出来ませんが、最近では選択型シストレと言う新しいサービスを提供するFX業者が増えてきました。一般的にはhttp://www.australiahighlow.com/このようなサイトです。

選択型シストレでは予めプログラミングされたストラテジーが数百以上もご用意されています。トレーダーはこの中から選択するだけでシステムトレードを行うことが可能です。プログラミングの知識も不要ですし、プログラムを自作する手間も省けます。ストラテジーは世界中の優秀なFXトレーダーが作成し、厳選な審査を受けてクリアしたものばかりが採用されています。

FX初心者の方でもストラテジーを選択するだけで世界中の優秀なFXトレーダーの手法をそのままマネすることが出来ます。1つのストラテジーを運用し続けると、相場環境が変わると通用しなくなることが多いです。定期的にストラテジーを見直すことが大切です。ストラテジーランキングで直近で優秀な成績をおさめているものを探すことが出来ます。ランキング上位のストラテジーをそのまま選んでも良いですし、トレーダーご自身の投資スタイルに合ったストラテジーを選んでも良いです。

ハイリターンハイリスク型やコツコツ型、ワイバイナリーのようなBO取引型、バランス運用型など、特徴の異なる複数のストラテジーでポートフォリオを組んで運用することも可能です。選択型シストレはサーバー上から動作しているので、自宅のパソコンの電源がオフでもシステムトレードを24時間続けることが可能です。選択型シストレで取引回数が多くなるとスプレッドの取引コストがかさみます。

提供しているFX業者によりスプレッドは異なりますので、出来るだけスプレッドが有利なところに口座開設されたほうがお得です。1000通貨単位と最少取引通貨単位が小さいほうが少額から投資することが出来ます。まずは少額からシステムトレードしたい方は1000通貨単位以下で取引できるところを選ぶと良いです。